包茎でも命に別状問題は有りませんが

包茎でも命に別状問題は有りませんが

真性包茎と仮性包茎など症状を持つ男性がいます。
包茎であることでのデメリットは、コンプレックスを抱える事、衛生的に保てない事、性行為が難しくなる事などが挙げられます。

特別包茎であるからと言って命の危機にさらされることは有りませんが、性行為が出来ない事で子作りが出来ない事は問題となってしまうわけです。

そもそも包茎と言うのはどのような事を意味しているのでしょうか。
男性の陰茎というものには鬼頭と呼ばれる部分があり、その周囲には包皮が有ります。
正常な人というのは、包皮の外側部分無く鬼頭部分が露出しているのです。

子供の頃の陰茎はこの包皮で覆われており、鬼頭部分が自然に露出する事は少なく、お風呂で洗う時などは包皮を下方向に下げるなどして洗浄をすると言うケースが多く在ります。
大人になるにつれ、包皮は下方向に下がり、やがて鬼頭部分が完全に露出した状態のままになるのです。

この様な状態になることで鬼頭部分は完全に露出する形になるわけです。

また、鬼頭部分が露出をしない事で性行為が難しくなりますので、包茎の状態を治療したいと言う男性も多く、美容整形を手掛けるクリニックなどでの手術が可能になっているのです。

因みに、真性包茎と言うのは、包皮輪と呼ばれる、亀頭を覆っている皮の一番上側の輪になっている部分で、この部分が極端に狭くなっており、皮を剥く事が出来ない状態を意味しており、手術を受ける事で問題を解決する事が出来ると言います。

包茎手術・包茎治療を名古屋でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ