包茎手術を受けるタイミング

包茎手術を受けるタイミング

包茎の中でも、亀頭が完全に覆われて露出することができない真性包茎の場合、放置することなく手術を受けることが大切となりますが、その際に問題となるのがそのタイミングです。

小児期で包茎状態であることは当たり前で、多くの場合亀頭の成長と共に自然に解消されていくので、小児期から少年期においては、過度の心配をする必要は基本的にありません。

しかしながら、一般的に亀頭の成長というものは、18歳から20歳あたりの年齢でストップしてしまうケースが多くなっています。

この為、この時期まで皮が被っている状態であると、正常な亀頭の成長が阻害されてしまう恐れがあるので、中学生から高校生といった時期にまだ真性包茎の解消の兆しが見えなければ、一度専門医に相談してみるのも一考です。

逆に、成人を過ぎても真性包茎の場合、その後自然に改善される可能性は非常に低いといえます。
それにも関わらずそのまま放置を続けた場合、長年蓄積された垢による臭いが心配されるだけでなく、炎症や疾病の原因ともなりかねません。

また、そういった身体、健康面での悪影響だけでなく、結婚後の夫婦生活にも支障を及ぼしてしまう可能性があるので、成人になっても解消されない場合は、可能な限り早く手術を検討するようにしましょう。

手術というと、高額で敷居が高いイメージもありますが、真性包茎の場合は保険が適用されるので、少ない負担で受けることができます。
無駄に悩むことなく、コンプレックスを解消するのがおすすめです。

包茎手術・包茎治療を名古屋でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ