包茎は治療するべきか

包茎は治療するべきか

包茎は、男性器のうち先端部にあたる亀頭が包皮によって隠れている状態を指します。
多くの人の場合には、勃起をしていない性器は包皮に隠れていますが、性器が勃起すると自然に皮が引っ張られて、亀頭が露わになります。勃起しても亀頭が露わにならない状態を包茎といいます。

包茎といえば、男性特有のコンプレックスのひとつですが、実際に治療するべきかどうかはその状態によります。
包茎でも真性とカントの場合には、性交渉を行うさいの障害になるためです。

真性はまったく皮が剥けない状態であり、カントは亀頭の先端部だけが少し現れる程度の状態で、このような状態では亀頭が圧迫され痛みを伴い、また正常に膣内での射精ができない場合があるためです。

このため、真性とカントに関しては、健康保険の対象となっており、保険を使って治療を受けることができます。
一方で、勃起時に自力で完全に剥けない状態を仮性包茎といいます。この仮性の場合には、手で剥けば亀頭が完全に現れるので、性交渉の障害にはなりません。

しかし、汚れが溜まりやすく、それによる臭いなどの理由から治療を行う人もいます。
しかし、実際には、日本人の7割程度が仮性包茎とされており、治療を受けなくても通常の性交渉はできるため基本的には治療を行わなくても良いものといます。反対に包茎の治療では余分な皮を切除る方式のため、少なくとも手術痕が残ってしまい、外観を損ねるリスクがあります。

包茎手術・包茎治療を名古屋でするならココがお勧めへ


 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ