包茎のデメリット

包茎のデメリット

包茎とは陰茎の先端部が包皮に包まれて露出に困難が伴う、または露出が不可能である状態の事を指します。
即座に命に関わるものではない為に包茎に対して有効な治療法である手術などを受けた場合、世間では冗談の一種であるとする風潮が見られます。

このためにたとえ自分が治療を要する包茎であってもあえて治療を行わないといった人も存在します。
しかし包茎には様々なデメリットが存在し、それに対して特筆するようなメリットが存在しないため治療により治せるものであるならば治療を行うことをお勧めします。

手術については陰茎の状態により健康保険が使える事もある為、手術の前に検診してもらう手段もあります。
包茎に対しての大きなデメリットとしてはまず不衛生であるということです、人間の体は代謝をしているため皮膚細胞が入れ替わりを行います。

この時に包茎であると亀頭部分の古い皮膚細胞が外部に排出されず、適度な湿気などにより細菌の繁殖する土台になります。
増殖した細菌により尿道炎になるケースや陰茎癌を引き起こす可能性の上昇なども報告されています。

また病気にならない場合でも細菌の増殖により悪臭を放つ事がありパートナーを不快にさせる事があります。
包茎の人の次のデメリットとしては性交が行えない場合があるという事です。

これは主に包皮が引っ張られるために陰茎を挿入しようとした際に痛みを伴いその結果として性交を行えない場合と膣内で包皮が裂傷を起こすため性交が行えない場合が存在します。

包茎手術・包茎治療を名古屋でするならココがお勧めへ


 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ