包茎にはどういった種類があるのか

包茎にはどういった種類があるのか

陰茎が包皮に覆われている状態になっていることを「包茎」と言いますが、ひとくちに包茎といってもその種類は一つではありません。

では包茎にはどういった種類があるのかと言うと、まず挙げるべきとなるのが最も症例が多い「仮性包茎」です。

これは平常時に亀頭が見えない、もしくは半分程度まで露出しており、手で包皮を剥くと抵抗なく亀頭が露出する状態のことを指します。

日本国内の発症数の中でも特に多いタイプですが日常生活に支障は無く、また性交の際に不都合が発生するということもありませんから、手術をしてまで治療する必要は無いとされるのが一般的です。

次の種類となるのが「カントン包茎」と呼ばれるタイプです。
これは先に述べた仮性のものと同様に手で包皮を剥いて亀頭を露出させることが出来ることもありますが、包皮の出口が狭くなっているために亀頭露出後、亀頭が締め付けられて痛みを感じることがあります。

また包皮の出口が狭くなっているために勃起しても亀頭が完全に露出するということがありません。
この症状を抱えている陰茎の包皮を無理に剥こうとすると、包皮が亀頭に引っ掛かってしまい腫れてしまうことがあります。

最悪の場合にはこれが原因となって亀頭が壊死することもあるため、万が一引っ掛かってしまった場合には早期治療が必要となるでしょう。

そして最後として挙げるのが「真性包茎」です。
これは亀頭と包皮が癒着していたり、包皮の出口が極端に狭くなっているために手で剥くことはできません。
勃起時にも完全に露出することはなく、日常生活や性生活にも影響が出てきますから、この場合にも早期治療が必要とされます。

包茎手術・包茎治療を名古屋でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ